プロフィール

 

茨城県古河市の出身ですが、早稲田大学在学中にスノーボードの魅力に取りつかれ、2000年、スノーボードインストラクターの資格取得をきっかけに北海道内のスキー場でインストラクターとして働き始めます。
冬のスポーツであるスキー、スノーボード。積雪のある時期限定の季節労働という特殊な仕事で、北海道の農家さんが積雪のために仕事ができない厳冬期にインストラクターとして働くという形態が主体です。
四季を感じながら仕事ができる農家、特に北海道の季節労働という農家の形態に憧れ、ソムリエの資格を所持していたこともありワイン用葡萄栽培農家の道に進もうと考えます。そしてワインの中に自然への敬意と感謝、哲学を感じさせるドメーヌタカヒコの門を叩きました。
国の新規就農制度を使い2年間研修生という形で曽我さんに栽培醸造を教わり、まだまだ未熟ながらも2016年春から独立をいたしました。独立することがゴールではなくスタートなので農家として自然と共存しながらワイン葡萄栽培をしていきたいと考えています。