ピノグリ

 ドメーヌモンの自園畑ではピノグリのみを栽培しております。

 北海道余市町登地区の気候風土をいかし、日本人の食文化に合う日本人のためのワインを造りたいと考えております。

 日本茶の小売業を営む家で育った環境からか、香りの複雑さと味の繊細さ、アミノ酸由来の旨みや余韻、そして口当たりのやさしさというものをワインの中に表現したいと感じ、それを表現できる品種としてピノグリを選択しました。師匠同様、器用な人間ではないので、ピノグリのみを追求していきます。

 また、そのようなワインを表現するために自園の畑はJAS有機農産物の認証を取得し(認証番号A18-051801)有機栽培で管理しております。

 生物の多様性がワインの多様性に繋がると考えているので、除草剤や化学農薬等を使用しないのはもちろんのこと、畑の中にはできるだけトラクターなどの重い重機を入れないように、手間と時間がかかっても手作業で農作業をするように努力しています。

 一見そのように時間をかけて作業することは効率が悪いと見られがちですが、逆に、葡萄の些細な変化や害虫の発生をいち早く見つけることができ素早い対処が可能という利点があります。自然の中で五感を研ぎ澄まし作業する昔ながらの農業で、葡萄も自分も健全に成長できる環境を作り出すことが重要だと考えております。


 

2016 Monpe

「ドメーヌ モンが醸造したペティアンでモンペです」

自園のワイ ンができるまではドメーヌの位置する登地区の契約農家さんが育てたナイアガラ、 バッカス、 ケルナーを使用し、 混醸して微発泡の白(オレンジ?) ワインを渡造し販売していきます。 エチケットの下部には 「Demaine」 の部分はなく「Mon t」 のみが表記されます。

萄萄は全て余市町登地区で栽培されたもののみを原料にしており、 野生酵母にて自然発酵しています。亜硫酸は一切使用しておりません。 また発酵由来の炭酸ガスも閉じ込められており微発泡性です。

ナイアガラ特有の香りはやや控えめ、 ピーチやパイナップル、 バナナやメ ロンと いった香りが感じられます。 程よい酸と優しい口当たり、 余韻は短めですがあらゆる シーンで気軽に楽しめるワインに仕上がったと思います。 小さめのグラ スを用いると一段と美味しく 感じます。

亜硫酸を添加していない為、なるべく早くお召し上がりくださいますようお願いいたします。また無ろ過、無清澄の為、若干濁っておりますが自然のものなので安心してお飲みいただけます。

できる限り 14℃以下、 少なくとも20℃以下で保存していただき、 抜栓前にはしつか り と 冷やして下 さ い。

 

 

  • 品種: ナイアガラ、 ケルナー、 バッカス
  • 葡萄産地: 北海道余市町登町葡萄100%
  • 生産本数: 約2、700本
  • その他: 無ろ過、無清澄、亜硫酸添加無